RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
矢の川峠行ってきました。
GWが明けた、5月7日矢の川峠に行ってきました。
集まったのは、外遊びぷろじぇくと!平日組み?の面々。
そして、愛知からこの話の発起人である吉澤さん。
吉澤さんが、福田さんに案内を頼んだことがことの始まり!
だがこの日集まった、外ぷろの福田さん以外の3名も実は吉澤さんと何らかの繋がりが・・・。
世間は狭いですね



集合して、思い出話に花が咲いた5名さっそくスタートします!
9時にスタート!


尾鷲側から入ります。
福田さんの案内のもと、いろいろじっくりと見てまわります。
福田さんが持っている、昔の資料と比較していろんなものを探します。


橋一つ一つに名前があり、それも欄干のそれぞれに表記の違いがあり、確認してまわります。

途中には水が落ちている場所も!
今日は天気も良くて、最高に気持ちがいい!


5人であーだこうだと話しながら、歩くので疲れも全くありません。
この道を近い昔バスが通っていたと言うことに本当に驚かされます。


幾つかのトンネルを越えて、トンネルに入るたびに涼しい風が通り抜け、違う世界へ踏み込むような感覚になります。

藤やツツジも綺麗に咲いていて、飽きることがありません。

途中のトンネルの剥がれた壁をよく見ると、石を積んで丸太で固定してある。
昔の人の技術に圧倒されます。

少し寄り道して、眼下に広がる三木里の町と熊野灘!
次々と次のやりたいことがあがってきます。


そして、個人的には一番行きたかった場所!
日本初である1927年5月29日(昭和2年)に玉村式貨物索道を改良して開通した旅客営業としては最古のロープウェイの駅の跡地!


もうテンション上がりまくり!私だけかと思いきや、みんなテンション上がってました。
福田さんが出してくれた、昔の写真を見て、ここがどうだとか、あそこがああだとか、楽しすぎる!
ほとんどオタク集団の様な状態!それにしても、こんな歴史がこの地域にあったと言うことが凄い!


そして、矢の川峠到着! 
茶屋跡を散策して、しばし休憩・・・。
ここの茶屋をやっていた稲田さんのお孫さんがまさかの私のかかりつけのお医者様だったことは、今年の初めに知りました。
先生もびっくり!もう20年以上の付き合いなのに、世間は狭い。


帰りは、大又川に下ります。
こちら側に行くのも私は初めてで、楽しかった〜。
尾鷲側とがらりと景色も変わり、楽しめます。


無事に、矢の川峠を下りてきて、少し時間があった?無理やり作った?
まぁ、少しだけ寄り道して、滝を見に行きました。


最後の最後まで癒されます。
吉澤さん曰く、汚れた心が洗われる!


洗っても洗っても、汚れのある私たちの心。
もっともっと、遊んで洗われないといけないですね〜。
矢の川峠については福田さんのブログを参考にされるとよく分かります。
http://yanoko.blog85.fc2.com/
16時終了して下界に帰ってきました。
皆さんお疲れ様でした。
さぁ、次は何して遊びましょう。
author:sotopro, category:廃道をゆく, 16:47
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:47
-, -, -
Comment